緊張が原因でセロトニンの低下

プライベートの時間に多少の緊張をすることは問題はないと思います。しかし、毎日の仕事で緊張を続けていると、過剰なストレスが溜まり、精神的なバランスが崩れてしまう恐れがあります。

軽症の段階でケアを心がけることが重要。

インデラルの場合は、緊張を抑えることはできますが、根本的な原因を和らげているわけではありません。一時的にインデラルの服用を使う場合は問題ありませんが、長期間使うと副作用が起こるために、やはり根本的な部分の構造が必要です。

緊張に深く関わってくるのが脳の中の神経伝達物質であるセロトニンです。

セロトニンは、ノルアドレナリンやドーパミンと並んで、体内で特に重要とされています。これは脳の神経伝達物質の1つで、たとえば、私たちの精神を維持させるために重要とされています。

セロトニンが不安や恐怖を抑えたり、喜びややる気などのプラスの精神状態を調整したり、気持ちを平常心いもどす働きがあります。

このセロトニンが少なくなることで、うつ病になることがわかっています。

セロトニンが少なくなる原因としては、緊張や薬の副作用画などが原因ということがわかっています。そのため、インデラルを服用することで、たしかに一時的に緊張を和らげることができますが、副作用でセロトニンにダメージを与えてしまい、緊張を通り越して、うつ病を発症してしまう可能性があります。

では、セロトニンを減らさずに、維持させたり、増やすにはどうしたら良いのか?

まず、基本的に睡眠をしっかりととることが重要です。

「睡眠をとることは当たり前ではないか?」
たしかに基本的なことですが、たとえば、睡眠時間が短いことで、脳に疲労がたまり、セロトニンや、ノルアドレナリンが低下することがわかっています。

そのため、毎日のように6~8時間の睡眠を維持させることが重要。それから、セロトニンの餌になるビタミンDを旧収集させることも大切です。

ビタミンDには、食品よりも、太陽の日光を浴びることがオススメ。雑誌やテレビ、インターネットで「太陽の日差しを浴びると元気が出る」という話を聞いたことがあるかもしれません。実は、紫外線を浴びることで、体内でビタミンDが増えることがわかっています。このビタミンDがセロトニンの餌になるために、結果として予防につながります。

ただし、毎日のように30~60分の紫外線を浴びることが重要と言われているため、日光が無理な方は、ビタミンDがたくさん含まれている大豆食品や乳製品がおすすめです。

ちょっとしたことをするだけで、セロトニンの維持につながり、緊張の改善やうつ病の予防につながるために、意識した日々を贈りたいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です