緊張を和らげる対人関係療法

緊張を和らげるためにインデラルを服用すれば、一時的ですが悩みを解消することはできます。ただし、長期間にわたり薬を服用すれば、それなりに副作用が起こる可能性があります。そのために、インデラルの薬を使わずに緊張やあがり症を改善することが一番の理想になるかと思います。

ではどうすればいいのか?

精神療法の1つに対人関係療法が利用されています。

対人関係療法とは?

・対人関係療法は精神トラブルに焦点をあてて行う治療法
・対人関係のトラブルが起きやすい緊張、あがり症の方に有効

あがり症や緊張を和らげるための一つの手段である対人関係療法。つまりは、対人関係に悩んでいる方に対し注視して、それを解決する治療方法になります。

治療方法としては、新道な関係のある方に焦点を当てて行います。例えば、親や兄弟、友達、恋人と一緒に治療を行い、じょじょにコミニケーション能力を高めていきます。

人間特有のものとして、相手のことを極度に考えてしまうことで、精神的なバランスが崩れてしまい、対人関係が崩れてしまいます。そのために、まずは親密な関係の深い相手からなれることが大事。

相手とのコミニケーションでなれることで、今までの過剰に考えていた深い悩みをじょじょに解きほぐすことにつながるはずです。ここが対人関係を和らげるコツの一つになります。

対人関係療法では、4つのステージに分けられています。

・悲哀
・対人関係の役割を巡る不和
・役割の変化
・対人関係と欠損

この中で患者さんが自分にあう選択肢を2つ選び、治療を行います。人と接することが苦手だったり、親しい人間関係が作れないと思いこんでいる人も、経験をすることで、少しずつ改善に近づくことがわかっています。
このように、対人関係の適応性を引き出すことで、精神疾患を良くして、最終的にはインデラルなどの薬を使わずに、緊張を和らげることにつながります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です