私がインデラル通販で購入するワケ

とにかく仕事場の同僚や先輩と話をする時に緊張してしまいます。

頭の中でこのようなことを伝えなくてはいけないとは考えているのですが、心臓がドキドキと緊張してしまい、うまく話すことができません。

そこで、この緊張を抑えるために使い始めたのがインデラルです。

1錠10mgのインデラルを服用することで、今までたまらないほど心臓のドキドキ感がありましたが、服用を始めてからドキドキ感がかなり消滅しています。

インデラル詳細・購入について>>

 

ちょっとしたことがきっかけで仕事場で緊張

ドキドキするような緊張を一時的に起こるのは別にかまわないと思います。

たとえば恋愛で威勢に対する緊張はアリだと思います。相手位に対して、自分のことをよく思われたいと思うために、緊張してしまうのだと思います。

しかしながら、毎日の仕事で緊張するのはつらいです。

緊張の度合いが強すぎて、会社を辞めたいという気持ちが強くなることがあります。

私は現在、営業らしき仕事をしております。
内容としてはルート営業の部類に当たると思いますが、決まった顧客を回ることを主に行っています。

仕事の内容として、特別問題はなく、初対面の人や互い者の方とお話をすることについて、多少の緊張はありますが、特に問題はありません。

私がつらさを感じている緊張は職場の同僚や先輩との会話で緊張をしてしまいます。

「え?同僚と先輩の会話で緊張?」

ほんの些細なことかもしれませんが、入社3ヶ月めに大きなミスをしてから、周りの人からかなりバカにされているような目で見られるようになりました。

確かに失敗をした私は悪いとは思っているのですが、この一回がきっかけで、かなりまわりから態度がかわりました。

仕事の会話をするにも、少しバカにされているような感じを受けるようになりました。

まわりからはコイツは何もできないクソだと思われているような気がしています。

そんなことを意識しだすと、ちょっとした仕事の話をするにも、うまくこちらから話をかけようとしても、頭の中で考えていても、詰まってしまいます。

最初はそこまで気にしていなかったのですが、毎日のように毎週のように、どこか冷たい目で見られていると、さすがに精神的にやられているような気がして。

そのために、話をかけたりする時に、緊張らしき症状が出てくるようになったわけです。

頭の中では何を話さなくてはいけないというのはわかっているのですが、実際に話をかけても、緊張が強すぎて言葉に出てこない。

結局は、相手側も、何を話しているのか理解できないためにより一層、クソのように扱われる頻度が高まってしまいます。

入社してから一年目なのに、このようなことになるとはと思います。

ただし、もともと学生の頃から友達は少ないために、会社で友達や信頼できる友達をたくさん作りたいという気持ちはありませんでした。

しかしながら、会社ではそれなりのやりがいを持ちたいという願望は入社当時からありました。

でも、気持ちはあっても、まわりとのコミュニケーションが取れないと、うまく仕事ができなくなります。

転職するという手段もあります。
しかし、結局は他の職場で同じようなトラブルが起こった場合、周りの人とコミニケーションが取れなくなり、また転職という手段を取ってしまいます。

今の状況を打破するためには、私が抱えている緊張を和らげる良い方法がないのか考えています。

そこで、インターネットのブログやyahoo知恵袋を覗いている時に、まったく同じではないのですが、私と似たような緊張で仕事で苦しんでいる人もいます。
緊張の対策として、このようなことが記載されています。
・ストレスを溜めないこと
・自律神経を和らげる
・睡眠をしっかり取る
・栄養のあるものを食べる
確かにわかりますが、私としては気休めにすぎないと思います。

そんな中で、かなり気になっていたのがインデラルという不安感を消し去る薬です。

人前でのスピーチや人の視線により、心臓がパグパグしたり赤面や声の震えにより緊張が起こってしまいます。

緊張することで、正常を維持することができずに、自分が何を話したら良いのかがわからずに、相手にマイナスなイメージを与えてしまいます。

そこでインデラルを服用することで心臓を休める働きがあるために、緊張の緩和につながり、普段通りの自分を取り戻すことが出来るとされています。

インデラルの有効成分プロプラノロールの効果

インデラルは、有効成分のプロプラノロールが含まれています。

プロプラノロールはもともとは緊張を和らげるために開発されたわけではありません。

「不整脈、高血圧、狭心症、片頭痛治療薬」として開発され、現在でも病院で処方される場合があります。

心拍数は、交感神経のβ受容体にアドレナリンが関与する事で増加するので、この結合を阻止する働きが塩酸プロプラノロールにはあるのです。

緊張は、脳の視床下部がそれを感知し、脳内にあるアドレナリン神経から、アドレナリンが活発に分泌されるようになります。

分泌されたアドレナリンは、心臓の心拍を早めるアンテナとなるβ受容体に結合します。

すると、β受容体に影響する事で心拍が増加し心臓のドクドク感が激しくなります。

つまり、この心臓のドクドク感が緊張やあがり症ということになります。

そこで緊張を和らげるためにインデラルを服用します。

インデラルの有効成分であるプロプラノロールは、緊張などでドクドクと心臓の心拍数を増加させるβ受容体に対して、アドレナリンが関与するのを正常に戻す働きがあります。

そのために心拍数が正常に戻ることで、緊張を和らげ正常を維持することにつながります。

インデラルを通販で購入

インデラルは病院の心療内科や精神科に足を運ぶことで処方箋をうけることができます。

しかしながら、インデラルはあくまでも緊張やあがり症を和らげる薬ではなく、狭心症、不整脈、高血圧などの治療薬です。

インデラルが緊張に対して有効であるという認識廃止の間でも徐々に高まってきていますが、服用することで副作用が起こることもあるために、処方に対して前向きではない医師もおられます。

理解されない意志は、インデラルではなく精神安定剤を選び処方されるケースがあります。

確かに精神安定剤などを服用すれば緊張に対する効き目はありますが、副作用で眠気やぼんやりとした副作用が起こる可能性があるために、仕事では使えません。

このような病院外来による薬の処方箋を考えるよりも、インターネットの通販でインデラルを購入するほうが確実性が高いと私は考えました。

あくまでも、インターネットの通販と言っても、国内で製造・販売を行っているインデラルが購入できるわけではありません。

現在のところ、インターネットで医薬品を購入することはできません。
※一般用医薬品は可能

しかしながら、海外で製造、販売を行っているインデラルや医薬品をインターネットで個人輸入する場合は可能です。

あくまでも海外の個人輸入と言っても、英語で記載されいている通販サイトではなく、日本語で書かれた個人輸入代行サイトを利用します。

個人輸入代行サイトで、本人がもとめている医薬品を注文することで、代行者が海外で製造されている薬を注文し、数週間で自宅に届けてくれます。

「そんなことって法律的に大丈夫なの?」
国内の薬事法では、海外の薬を購入する場合は、個人が利用する範囲に限っては輸入が許可されていす。

しかし、たとえ海外のインデラルを通販で購入できるからと言って、価格的には大丈夫なのか?ということになりますが、
国内の場合は、医師による処方をうけることが出来るために、保険適用が可能な方はインデラル錠10mg14.1円です。

インターネットの個人輸入代行サイトで購入するなら、約40~60円程度で比較的安価で入手することができます。

インデラル詳細・購入について>>

 

 

精神安定剤よりもインデラル

緊張を和らげるために病院の精神科で薬を処方し購入する人もいます。

私もインデラルを通販で購入する前に、病院での処方を考えていました。

しかしながら、最初の方でも話しているようにインデラルは緊張専用の薬ではありません。

そのために必ず病院に通院すれば医師から処方されるわけではないために、他の薬である精神安定剤を処方箋として渡される可能性もあります。

たしかに精神を安定させるために緊張を和らげる効果が期待できます。

たとえば、精神安定剤のベンゾジアゼピン系マイナートランキライザーと呼ばれるセルシンは、過度の緊張をときごグスという作用があります。

しかし、精神安定剤には眠気を即したり、ぼんやりとしてしまう副作用があるために、人とのコミニケーションやスピーチやプレゼンテーションと言った集中力を要する行為には不向きです。

インデラルにも副作用がありますが、眠気やぼんやりとした副作用はありません。

インデラル詳細・購入について>>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加